ファンデーションを選ぶ際のポイントとコツ

ファンデーションを選ぶ際のポイントとコツについてお話します。ファンデーションにはリキッドタイプとパウダータイプ、スティックタイプなどありますが、今は、パウダーファンデーションが、一番肌質別の種類が豊富なのでパウダーファンデーションを中心にご説明していきます。脂性肌の人には、薄く軽く肌に馴染むサッパリタイプのパウダータイプがお薦めです(^-^)。

下地もサッパリタイプを使った方が綺麗に仕上がります。鼻周りは崩れやすい箇所なので軽めにつけておきましょう。そして、お直しの時はを脂取り紙で軽く皮脂を抑えた後にファンデーションをポンポンと押すような感じでつけると長持ちします。

乾燥肌の人にはしっとり感のあるパウダーファンデーションがお薦めです(^-^)。

下地も保湿効果のあるをつけて、その上にファンデーションをつけていきます。ファンデーションを軽くパフに摂り顔の中央から、そっと押さえ込むようにつけていきます。お直しの時は、ティッシュで軽く皮脂を抑えた後に軽く押さえるようにしてつけていきます。

混合肌の人には、皮脂が浮きやすい箇所にはサッパリした下地をつけておきノーマルなタイプのパウダーファンデーションを顔の中央から押さえるようにしてつけておきます(^-^)。お直しの時は、鼻周りや額の皮脂を脂取り紙で取り除き、他の部分はティッシュで軽く押さえます。パウダーファンデーションを鼻周りは薄くつけて、他の箇所は軽く抑えるようにしてつけます。

敏感肌の人の場合は、ファンデーション自体を選ぶ際に敏感肌専門のブランドなどから選ぶことをおお薦めします。出来れば下地も同ブランドから選んでメイクした方が、綺麗に肌トラブルも少なく仕上がります。使用するタイプは、パウダーファンデーションをお薦めします(^-^)。

下地を整えた後にパウダーファンデーションを顔の中央からつけていきます。肌荒れし易い人にもファンデーション自体を選ぶ際には、敏感肌専門のブランドからパウダーフアンデーションを選ぶことをお薦めします(^-^)。下地も同じブランドの物を使った方が綺麗に仕上がります。顔の中央からつけていき、荒れている箇所には軽めにつけておきましょう。

どちらのタイプの方も、お直しの時には、ティッシュでそっと肌全体を抑えその後にパウダーファンデーションを軽く押さえるようにしてつけてください。

肌に優しいファンデーションやお肌のお手入れなどに関してはここを参考にするといいと思います。とても参考になりますよ。